ゲーム シャドウバース

【シャドバ】なぜシャドバはぶっ壊れカードが唐突に生まれるのか

投稿日:

シャドバは唐突にぶっ壊れカードが出る

最近シャドバを始めた方でなければ分かると思うのですが、シャドバは唐突にぶっ壊れカードをぶっこんできます。4弾や5弾、そして最近では伊達正宗などなど……

そもそもカードがぶっ壊れてしまうのは環境がインフレしていないからです。ぶっ壊れではないけれども強いカードというのはあると思うのですが、それらは環境のカードパワーの平均値との差がぶっ壊れカードよりも少ない、でも平均値よりは高いということになりますね。

では、運営は調整が下手なのか?

これは一概には言えませんね。でも明らかに環境のインフレスピードを大きく超えるカードはそこそこ出てしまっているので、上手いとは言えないですね。では完全に下手とも言えないのはなぜなのか?それはシャドウバースというゲームが、1回の対戦時間が長くなることを嫌っているからです。なので、平均値に近いカードばかりだとフィニッシャーとして想定したカードがフィニッシャーになり得なかったりもしてしまうので、環境を変えずにゲームスピードを早めるには頭のおかしいフィニッシャーや僕の考えた超強いカードを混ぜる必要があるわけですね。

筆者の疑問

そもそもゲームスピード上げたいなら環境自体をもっとインフレさせればいいのでは?と他のカードゲームをそこそこ経験した筆者は思うわけです。(同じ考えの人多いですよね?)ここが分筆者が分からないところで、知っている方予想が付く方いらっしゃれば是非教えて頂きたいところなのですが、なぜ運営は環境をインフレさせることを嫌っているのでしょうか?アナログTCGと違ってデジタルTCGであれば過去のカードパワーが低いようなカードでもエーテルのようなシステムがあるので無駄になることは無いように思います。構築済みデッキの砕けない限定イラストカードも、一度ガッツリナーフしてしまっているのでそこに配慮するなら今更感しかありません。

最後に……

なんでこんな記事書いてるかって、シャドバはサーチカード少ないorサーチが優秀じゃないからですね。(前々関係ない)シャドバにおけるサーチカードは指定サーチできるカードがないので基本的に手札が減らないという点でしか評価出来ません。そこからさらにデッキ構築でサーチ先を絞るような構築にしなければサーチの「サーチをする」という行為が優秀な行為にならないです。サーチがサーチとして機能しないので余計にフィニッシャーが引けなかったり、動きの安定性がそこなわれ、ゲームスピードが遅くなったりドロー事故による負けが多くなってしまう。よって基本運ゲーと言われるのもやむなしと考えています。確かに細かなプレイングで大きく勝敗が分かれる奥深い要素もあります。が、それにしたってデッキ半分めくって3枚積みカードが3種類も見えないが多いのはシャッフルしてるコンピュータが悪いしか言えないでしょう。それなら確定サーチを増やしてくれ。(個人的には理不尽ムーブに何もできず負けるより、アナログTCGでは経験したこともないような事故が連発するほうがストレスが溜まります)とは言いつつもこのゲームは公式でもカードゲームではなくカードバトルと言っているので、カードゲーム的な要素を求めるのは違うのかもしれません。

-ゲーム, シャドウバース

Copyright© 駆け出しオタク , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.