ゲーム シャドウバース

【シャドバ・デッキ紹介】グランプリでおすすめのアイテールループロイヤルを紹介【ロイヤル】

投稿日:

グランプリはマナリアウィッチが多そう

今環境、最初に猛威を振るっていたのはサタンドラゴンですが、安定してサタンを着地できなかったりで全体的な勝率はそこまで振るわなかったので少し数が減ったのかなと思います。(筆者は2pickでしかドラゴン触ったことありません)そしてそのドラゴンに取って代わったのがマナリアウィッチです。今期からマナリアフレンズというアニメも始まるということで筆者は非常にアニメを楽しみにしているのですが、シャドバにおいてはかわいさのかけらもありません。上振れ下振れはあれど、比較的今環境のデッキの中では安定感があり、コストの踏み倒しが上振れればフィニッシャーカードである「アンの大魔法」の10ターンを待つまでも無く盤面で勝ってしまいます。さらに作成に必要なカードにはレジェンドが必要無いということでゲームを始めたての人でも作りやすく、様々なユーザー層が参加するグランプリでも流行することは必然と言えるでしょう。

アイテールループロイヤルとは

アイテールループロイヤルとは、アイテールの3コストから大将軍の7コストまでをアイテールのみにすることで、その間のターンではアイテールのサーチ先がアイテール確定となり、手札が切れるのを防ぎつつ安定してレイサムまでつなぐことが出来るというものです。アイテールに進化を切り続けることで他のフォロワーの体力も上がり死ににくくなるので、レイサムを進化無しのポン置きがしやすくなり、大将軍を手札から切ってそのままフィニッシュまで持って行くプランも取りやすくなります。


グランプリ1日目……


以上のようなレシピで4勝です。ただ、この結果は恵まれているのかそうでないのか微妙なところで、私は上記のようにウィッチが多く当たることを予想していたのですが、なんと対戦相手がエルフーエルフーエルフーウィッチードラゴンとまさかのエルフ3連続でしかも全部同じデッキタイプ。そして5戦中最後のドラゴンの1戦以外はゲーム中一度もアイテールが引けないという事態に。またドラゴンもそこそこ勝てていたのですが、アイテールが引けて理想ムーブをキメたにも関わらずガルミーユ3連打でズタズタに……

ちなみにこのデッキですが、もろりん様(@mororin1)がyoutubeに挙げていらっしゃる動画のデッキの丸パクりです。

相手のデッキによってはアイテールがまったく引けなくても押し切れるパワーが楽しく、ランクマで遊ばせて頂いております。

※筆者の諸事情でもろりん様に紹介の意を伺っておりませんので、問題がありましたらご報告を受け次第記事のほうを削除させていただきます。


筆者の構築でグランプリ2日目

こんな構築です。結果はスクショ撮り忘れてしまったのですが4勝でした。ドラゴンードラゴンーエルフーウィッチーウィッチという感じでしたが、負けたウィッチのゲームでは普通にマナリアにブン回られて圧倒的盤面負けを喫しました。マナリアと言い、ドロシーと言い、ああいうデッキにはいくらメタっても無理な時はありますね。割り切りましょう。

構築

  • クイックブレーダー・・・・・・3枚
  • 狼牙の戦士・・・・・・・・・・3枚
  • アックスプリンセス・・・・・・3枚
  • レイピアマスター・・・・・・・3枚
  • 白と黒の決闘・・・・・・・・・1枚
  • ゴブリンファイター・・・・・・3枚
  • オースレスナイト・・・・・・・3枚
  • 空の指揮官セリア・・・・・・・3枚
  • 月の刃リオード・・・・・・・・3枚
  • 白翼の戦神アイテール・・・・・3枚
  • 神弓の座天使リリエル・・・・・3枚
  • ドラゴンナイツ・・・・・・・・3枚
  • 炎獅子の大将軍・・・・・・・・3枚
  • 高潔なる騎士レイサム・・・・・3枚

デッキの肝はアックスプリンセス

マリガンはアックスプリンセスとアイテールをキープ&狙っていきましょう。先行で1ターン目アックスプリンセス、2ターン目エンハンスレイピアマスターでドローができるとかなり楽ができます。このデッキでは1コストで一番重要なのがアックスプリンセスなので、場合によってはクイックブレーダーなども返してしまいましょう。

基本的な動きは上記のもろりん様の動画の動きとさほど変わりません。違う点としては、アイテールが引けなかった場合の盤面を取る択や、7ターン目の炎獅子以外の盤面を作る択としてリリエルを採用している点ですね。顔を詰め切れそうな場合なら炎獅子だったりでいいのですが、序盤にグダったりで横展開が遅くなった場合などに、ウィッチのスペルやガルミーユなどから盤面を守ることが出来ます。また、アックスプリンセスのドロー効果を使いやすくする為に、エンハンスのターンが短くアグロの敵を除去りやすい狼牙の戦士も採用しています。


不採用カード

マーセナリールシウス

エンハンス5で進化権を使わずにアグロの的(ヴィーラとか守護とか守護裏のポセイドンとかポセイドンとか)だったり守護裏ポセイドン(3回目)などの負け筋だったりを突破できます。ただ、5ターン目でルシウスだけだと盤面が強くならないので、進化権を使ってしまいますが必殺でヴィーラや守護を突破しつつ余ったPPで展開もできる狼牙の戦士を重視しました。

前線の城壁

アグロとして考えると協力ではあるのですが、このデッキではどちらかというと盤面を重視するので4ターン目にこのカードを置くのみというのは弱いというのと、3ターンほど盤面に残り続けるので炎獅子の為のフォロワー破壊数も稼ぎ辛くなります。個人的に回していて必要と感じた瞬間が無かったので枠的にも優先度が低く不採用に。


まとめ

アグロの動きも取りつつレイサムを着地できればミッドレンジの基本的な動きもできる万能なデッキとなっています。特に直接召還から毎ターン炎獅子が出てくるようになれば一気に盤面をひっくり返し逆転フィニッシュを決めることも少なくないです。今の環境にもとても刺さっているデッキですので是非参考にしていただければと思っております。

-ゲーム, シャドウバース

Copyright© 駆け出しオタク , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.