DTM 音楽

【おすすめVST】2018年DTMでよく使ったプラグインリミッター(マキシマイザー)

更新日:

マスタリング(ミックスでも)必ず使うリミッター。
無色透明から味付けまで様々です。(味付けは主にマスタリングコンプですね)
曲によっても使いたい方向性が違ったりするのでいくつか種類は持っておきたいです。
とは言っても筆者はリミッターはまあまあ持っているのですがマキシマイザーが後述するものしか持っていなくそれ一択になっているので、今年はもう少し種類を持てたらなと思っております。

Pure Limiter / FLUX

FLUXのPure Limiterはその名の通り無色透明のクリアなマキシマイズと、ブリックウォールリミッターにありがちな劣化が無いというのが主な特徴です。
また、3つのモードがあり、使用者によって設定できる領域を広げることもできます。
筆者は主にダンス系の楽曲に使用しますが、理由はあまりにキレイになりすぎるからです。
クリアというのは、確かにクリアという表現が正しいんだけど原音のまんまという意味ではなく小綺麗が過ぎるという意味のクリア、という感じのクリアです。
これはこれでPure Limiter感が出るので筆者は愛用しています。

サイト

Quad Lim / T-Racks 5 by IK Multimedia

マルチバンドのリミッターですが、できることは同じ内容に付属しているQuad Compとほぼ変わりません。
ですのでマルチバンドコンプのように基本は使えばいいのですが、こいつの本領は積極的な音作りにあります。
ソリッドでハイ上がりな音になるのでダンス系のトラックで試しに使ってみてハマればって感じです。
中々出すのが簡単では無い音と言えるでしょう。

サイト

bx_limiter / Brainworx

XLではなくこちら。マキシマイザーが欲しくなってきたのでそろそろXLも買います。
軽くて簡単操作で音圧が上がりサチュレーションもできます。
軽いは正義。

サイト

DeeMaxx / Dotec Audio

筆者が持っている唯一のマキシマイザー。
上のbx_limiterと同じ音作り系マキシマイザー。
軽さと簡単操作でグングン音圧が上がります。
何と言っても特筆すべきはTurboボタン。
こいつを押すとパンチのある音になります。
リズム楽器のバスによく使います。
使い勝手がとにかく良いのでバスにもマスターにも使います。

サイト

次回はEQを予定しています。

-DTM, 音楽

Copyright© 駆け出しオタク , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.